パドック通信

タグ:MVアグスタ

MV AGUSTA MOTO GENERATIONS 2019!


2019年10月6日まで、下記の①または②の走行イベントへ参加される方を対象に、
MVアグスタ純正部品を
希望小売価格から
15%割にて購入できる
『MV AGUSTA MOTO GENERATIONS 2019』キャンペーンを開催中です!

本国取り寄せの部品も含む
対象はMV AGUSTAディーラーからのご注文分のみ

※10月6日注文分まで対象
 

■キャンペーンの対象者

① MV AGUSTA MOTO GENERATIONS 2019に参加されるお客様

MV AGUSTA MOTO GENERATIONS 2019 日程
2019年7月21日(日) 岡山国際サーキット
2019年9月29日(日) 富士スピードウエイ

② MV AGUSTAディーラー主催の走行会、ツーリングの走行イベントに参加されるお客様


 

■発送時期

随時入荷次第、ご注文頂きましたMV AGUSTAディーラーへ発送となります。
パーツによっては廃盤または直ぐには入荷しない場合も御座いますので、予めご了承下さい
 

■対象パーツ

MV AGUSTA純正部品
※スペシャルパーツは対象外となります
※油脂類は対象外となります
※ディーラーでの交換にかかる作業工賃は対象外となります
※対象モデルは問いませんが、正しい部品を引き当てる必要がございますので、モデル名、車体番
号は必ずMV AGUSTAディーラーへご伝達ください

走行会を予定していた方もそうでない方も、この機会をお見逃しなく!
ご不明点等はお気軽にお問い合わせください。

皆様のご参加をお待ちしております!!
 

先日の当ブログをご覧になって、「グリップゴムを変えてみようかな」と
検討中のアグスタオーナー様に、もうひとつの選択肢をご提案いたします。
20170904_161823

写真のグリップゴムは、2009年までの、いわゆるタンブリーニデザインのアグスタに使われていたもので、
握ってみるとこちらは凸凹が無いぶん、細身でレーシーに感じます。

ゴムの感触は、柔らかくてピタリと吸い付く感じ。
750が出た当時、タンブリーニはグリップゴムのデザイン、質感にもこだわったという話もあったそうです。
触ってみるとナルほどな~と思えてきますね。

こちらもパドックにございますので、ぜひ触りくらべてみて下さい。

ちなみにお値段は、左右セットのみで税別7700円です。
20170904_161724

2010年モデル用と同じくスロットルパイプも付いてくるので若干高めですが、こちらもオススメできます!

お問合せはパドック吉川まで!

アグスタの電制スロットル(3気筒、4気筒とも)のグリップゴムが、
使っているうちにツルツルになってきたり、
新品でもグローブとの相性で滑りやすかったり、というご相談を受けます。

ご自分で、社外品のグリップゴムに交換されているかたもいらっしゃいますが
、やはり「MV」の文字が入ったせっかくの専用デザインにこだわりたい!
というお客様のために、パドックでは

2010年モデル(スロットルワイヤー式)の
グリップゴムをオススメしています。
20170830_180634

写真でゴムの質の違いがわかるでしょうか?(写真1)
左が電制式、右がワイヤー式のもの。ワイヤー式の方が柔らかくてシットリとした、吸い付くようなタッチです。

20170830_180818

(写真2)つぶれ具合で固さの違いがわかるでしょうか?
グリップゴムの固さは個人の好みもありますが、走行中の手のしびれ具合もだいぶ変わってきますのでツーリング派にもオススメです。

部品としては左右セットでの品番設定になり、税別7700円です。
(ちなみに電制スロットルのグリップゴムは部品設定がなく、電制スロットルアッセンブリとなりとても高価です!)
グリップゴムはパドックにございますので、興味のあるかたは触り比べてみて下さいね。

お問い合わせはパドック吉川まで!

このページのトップヘ