パドック通信

タグ:MV

先日施した、リヴァーレ(2014モデル)のエンジンマウントの改造ですが、
早速試乗ツーリングに出かけてきました!

行き先は岡山県北部の蒜山高原です。パドックから往復150キロくらいです。
20170913_150606

まず走りだして感じるのが、エンジンのスムーズさの向上です!
とくに50~60キロくらいの速度で流すときに、以前のわずかにあったギクシャク感が感じられません。
加速しても今までよりもスイ~と軽々回っていく感じがします。

あと、フレーム剛性がシャキッとしたからか、ブレーキの効きが良くなった感触があり、
よりグッとブレーキをかけられるようにもなりました。

エンジン回転のスムーズさとブレーキ時の安心感が、最も分かりやすいメリットでしょうか。
もちろんエンジン内部のピストンやシリンダーにとっても、ストレス軽減で優しくなったと思います。

なので、パドックではこのエンジンマウントの改造を作業メニューに加えたいと思いますので
、興味のあるかたはパドック吉川までご相談下さいませ。

…ということは、2017モデルユーロ4のF3などは、こんなに気持ちいいフィーリングなんだろうなあ…
いやいや、クラッチまわりやミッションも見直されているようなので、さらに気持ちいい?!

パドックでは2017ユーロ4各モデルのご予約を受付中です。
いつもながら人気色はすぐにバックオーダーになってしまいますので、
気になるモデルがありましたらまずはご相談下さい!

パドックでも現在ユーロ4モデルの展示車を入荷待ちです。
もしもご購入を考えられているモデルでしたら押さえておきます(笑)
こちらもご相談下さいませ。

もう少しリヤサスのストローク感がほしいなあ…と、手持ちのオーリンズのスプリングで
色々とレートを変えてテストしています。
20170907_150410

実測でのリンク比が、ストローク初期から最後まで
およそ2対1のままフラットなので(ヴェローチェを除く)、
公道だとプログレッシブスプリングとかのほうがいいのかなぁ?
リンク比の異なるヴェローチェのリンクを加工して付けてみるかなぁ?
良い結果が出たらまたご報告いたします。

先日の当ブログをご覧になって、「グリップゴムを変えてみようかな」と
検討中のアグスタオーナー様に、もうひとつの選択肢をご提案いたします。
20170904_161823

写真のグリップゴムは、2009年までの、いわゆるタンブリーニデザインのアグスタに使われていたもので、
握ってみるとこちらは凸凹が無いぶん、細身でレーシーに感じます。

ゴムの感触は、柔らかくてピタリと吸い付く感じ。
750が出た当時、タンブリーニはグリップゴムのデザイン、質感にもこだわったという話もあったそうです。
触ってみるとナルほどな~と思えてきますね。

こちらもパドックにございますので、ぜひ触りくらべてみて下さい。

ちなみにお値段は、左右セットのみで税別7700円です。
20170904_161724

2010年モデル用と同じくスロットルパイプも付いてくるので若干高めですが、こちらもオススメできます!

お問合せはパドック吉川まで!

アグスタの電制スロットル(3気筒、4気筒とも)のグリップゴムが、
使っているうちにツルツルになってきたり、
新品でもグローブとの相性で滑りやすかったり、というご相談を受けます。

ご自分で、社外品のグリップゴムに交換されているかたもいらっしゃいますが
、やはり「MV」の文字が入ったせっかくの専用デザインにこだわりたい!
というお客様のために、パドックでは

2010年モデル(スロットルワイヤー式)の
グリップゴムをオススメしています。
20170830_180634

写真でゴムの質の違いがわかるでしょうか?(写真1)
左が電制式、右がワイヤー式のもの。ワイヤー式の方が柔らかくてシットリとした、吸い付くようなタッチです。

20170830_180818

(写真2)つぶれ具合で固さの違いがわかるでしょうか?
グリップゴムの固さは個人の好みもありますが、走行中の手のしびれ具合もだいぶ変わってきますのでツーリング派にもオススメです。

部品としては左右セットでの品番設定になり、税別7700円です。
(ちなみに電制スロットルのグリップゴムは部品設定がなく、電制スロットルアッセンブリとなりとても高価です!)
グリップゴムはパドックにございますので、興味のあるかたは触り比べてみて下さいね。

お問い合わせはパドック吉川まで!

「リヴァーレのツーリング特性を
アップしたい!」…と思いまして、
今回取り寄せたのはアグスタ純正のキャリアとエクストラリヤフェンダー。
20170826_185503

キャリアはストラダーレの流用で、税別5100円。
20170826_185848

見慣れないエクストラリヤフェンダーは、
なんとオーストラリア仕様のリヴァーレに装備されているもので、
税別4500円。
20170826_185745
ちょっとワイルド(笑)なデザインですが、
オーストラリアの大地を駆けるための装備と思えばツーリング特性は高いはず?!

それぞれ取り付けには、別途ボルトが必要なのと、
エクストラフェンダーにはカラーも必要になります。

あと、現行のリヴァーレならシートをストラダーレのものにしても良し
(ローシートSPSAM002ST、税別42000円)、

初期モデル(スモールタンク)ならオプションの
お尻に優しいシート(SPSAM001RV、税別29700円)もオススメですよ。

(初期モデルにもストラダーレのシートはつきますが、シート前端とタンクの間が1cm程開きます)

もともとツーリングもイケるポジションのリヴァーレです。快適改でどんどん走りましょう!

ご相談はツーリング大好きなパドック吉川まで!

このページのトップヘ