パドック通信

タグ:リヴァーレ

先日施した、リヴァーレ(2014モデル)のエンジンマウントの改造ですが、
早速試乗ツーリングに出かけてきました!

行き先は岡山県北部の蒜山高原です。パドックから往復150キロくらいです。
20170913_150606

まず走りだして感じるのが、エンジンのスムーズさの向上です!
とくに50~60キロくらいの速度で流すときに、以前のわずかにあったギクシャク感が感じられません。
加速しても今までよりもスイ~と軽々回っていく感じがします。

あと、フレーム剛性がシャキッとしたからか、ブレーキの効きが良くなった感触があり、
よりグッとブレーキをかけられるようにもなりました。

エンジン回転のスムーズさとブレーキ時の安心感が、最も分かりやすいメリットでしょうか。
もちろんエンジン内部のピストンやシリンダーにとっても、ストレス軽減で優しくなったと思います。

なので、パドックではこのエンジンマウントの改造を作業メニューに加えたいと思いますので
、興味のあるかたはパドック吉川までご相談下さいませ。

…ということは、2017モデルユーロ4のF3などは、こんなに気持ちいいフィーリングなんだろうなあ…
いやいや、クラッチまわりやミッションも見直されているようなので、さらに気持ちいい?!

パドックでは2017ユーロ4各モデルのご予約を受付中です。
いつもながら人気色はすぐにバックオーダーになってしまいますので、
気になるモデルがありましたらまずはご相談下さい!

パドックでも現在ユーロ4モデルの展示車を入荷待ちです。
もしもご購入を考えられているモデルでしたら押さえておきます(笑)
こちらもご相談下さいませ。

「リヴァーレのツーリング特性を
アップしたい!」…と思いまして、
今回取り寄せたのはアグスタ純正のキャリアとエクストラリヤフェンダー。
20170826_185503

キャリアはストラダーレの流用で、税別5100円。
20170826_185848

見慣れないエクストラリヤフェンダーは、
なんとオーストラリア仕様のリヴァーレに装備されているもので、
税別4500円。
20170826_185745
ちょっとワイルド(笑)なデザインですが、
オーストラリアの大地を駆けるための装備と思えばツーリング特性は高いはず?!

それぞれ取り付けには、別途ボルトが必要なのと、
エクストラフェンダーにはカラーも必要になります。

あと、現行のリヴァーレならシートをストラダーレのものにしても良し
(ローシートSPSAM002ST、税別42000円)、

初期モデル(スモールタンク)ならオプションの
お尻に優しいシート(SPSAM001RV、税別29700円)もオススメですよ。

(初期モデルにもストラダーレのシートはつきますが、シート前端とタンクの間が1cm程開きます)

もともとツーリングもイケるポジションのリヴァーレです。快適改でどんどん走りましょう!

ご相談はツーリング大好きなパドック吉川まで!

このページのトップヘ