パドック通信

カテゴリ: Maintenance Tips

先日施した、リヴァーレ(2014モデル)のエンジンマウントの改造ですが、
早速試乗ツーリングに出かけてきました!

行き先は岡山県北部の蒜山高原です。パドックから往復150キロくらいです。
20170913_150606

まず走りだして感じるのが、エンジンのスムーズさの向上です!
とくに50~60キロくらいの速度で流すときに、以前のわずかにあったギクシャク感が感じられません。
加速しても今までよりもスイ~と軽々回っていく感じがします。

あと、フレーム剛性がシャキッとしたからか、ブレーキの効きが良くなった感触があり、
よりグッとブレーキをかけられるようにもなりました。

エンジン回転のスムーズさとブレーキ時の安心感が、最も分かりやすいメリットでしょうか。
もちろんエンジン内部のピストンやシリンダーにとっても、ストレス軽減で優しくなったと思います。

なので、パドックではこのエンジンマウントの改造を作業メニューに加えたいと思いますので
、興味のあるかたはパドック吉川までご相談下さいませ。

…ということは、2017モデルユーロ4のF3などは、こんなに気持ちいいフィーリングなんだろうなあ…
いやいや、クラッチまわりやミッションも見直されているようなので、さらに気持ちいい?!

パドックでは2017ユーロ4各モデルのご予約を受付中です。
いつもながら人気色はすぐにバックオーダーになってしまいますので、
気になるモデルがありましたらまずはご相談下さい!

パドックでも現在ユーロ4モデルの展示車を入荷待ちです。
もしもご購入を考えられているモデルでしたら押さえておきます(笑)
こちらもご相談下さいませ。

アグスタ3気筒系の前側のエンジンマウントは、
今までは長~い貫通ボルトで
エンジンのシリンダー部分を挟み、
フレーム左右を締めこむ構造でした。
3気筒シリーズがデリバリーされてしばらくすると、
レースを得意とするショップさんなど
で知られるようになったのが、
「ここのボルトを緩めにするとエンジンが軽く回るようになる」
というものでした。

パドックでも最初の試乗車のF3を研究用にばらした時に気づいて、
ベースとなる締め付けトルクの数値を探りました。

スリーブレスのボアピッチの狭いシリンダーは、
左右から締められることでわずかに歪み、
ピストンのフリクションとなります。

もちろん規定トルクで締めて
エンジンが壊れたりすることは無いですが、
パドックでは3気筒モデルの新車納車整備時と
初回点検時(エンジン回転数を上げての再調整)、
修理などで持ち込まれた車輌では、
必ずここの締め付け調整を行います。

ただ、エンジンをフレーム剛性の一部として設計されていますので、
緩めすぎてもダメで、パドックで決めたベースの最低トルク数値をもとに、
1台1台試乗しつつエンジン回転が重くならないギリギリの締め付けを探ります。

ここの締め付けはもちろんメーカーもわかっていたようで
今回のユーロ4仕様のマイナーチェンジに合わせて改良してきました。

今までの長~い1本のボルトから、
左右独立でそれぞれ締め付ける方法に
変わっています。
エンジンに歪みを与えずに
車体剛性もアップさせています。
ピストン、シリンダーの磨耗や寿命にも良いと思われます。

さて、この2017年仕様を早速2014年モデルのリヴァーレに施してみました!
20170911_201418

フレームをはずし
20170911_202156
エンジンマウント部分にヘリサート処理(ネジ山を作る)をします。
20170911_203830

左右をそれぞれ独立させてボルトで締め付けます。20170911_214914
(今回は大丈夫でしたが、フレームとエンジンの隙間が大きいときにはシムを入れて隙間調整をします)
20170911_215133

さて、あとは晴れたら試乗です!楽しみです。

image
F4の2010年式は、サイドカウルとアンダーカウルの
ヒートシールド(内張り)がすぐに剥がれてきてしまい、
アルミテープや市販の断熱材を貼って
補修されているオーナーさんも多いと思います。

パドックでは、高年式F4のプレス整形された内張りを使っての
張り替えをオススメしております。
 サイドカウル左右各一枚、アンダーカウル内二枚で、
部品代は20600円(税別)です。張り替えの工賃が別途かかりますが、
見栄えも耐久性も大幅にアップするおすすめメニューですよ。

ぜひご相談下さいませ。

好評!快適改良計画第3弾です。
 今回は、カフェレーサー・コンチネンタルGTです!
前回のブリーザーの改良に加えて、吸気系に手を加えてみます。
右サイドカバーをはずすと、エアボックスの吸気口がありますが、
最高回転数とノーマル排気系とのバランスを考えると、
ちょっと大き過ぎる気がします。
 そこで、吸気口を写真のようにプラ板などで1/4~1/3ほどふさいでみます。
2015092710100000
エアボックスの容量を増やす意味もあるので、このようにボックス側に板をつけます。
 すると、1500~4500回転でトルクが出て気持ち良い加速感が得られるようになりました。

 ふさぐ面積を色々試して、自分の気持ち良く走れるところを探して見てください。

 あと、GT500はブローバイホースの取り回しを写真のように変えると良いでしょう。
2015092710100001

エアボックス側の元の差し込み口は、適当なキャップをしてふさいでくださいね。

MVアグスタから発売されている新型スポーツツーリングモデル「ストラダーレ800」

stra800


パドックでは試乗車をご用意しているのですが、この試乗車に当店の身長160cm女性スタッフも試乗したいと数日前にバイクに跨ってみたところ、あれれれれ・・・
サイドスタンドをはらえないどころか、またがっても両足が中に浮いた状態に。

右足をステップに置いて、左足でなんとか引き起こそうと頑張ってみますが、左足の片足つま先がほんのちょっと地面に触れているだけの状態では・・・ギブアップするしかなく・・・あきらめきれないそんな彼女が見つけたのがMVアグスタの純正ゲル・ローシート☆

ノーマルよりやわらかいゲル素材を使用した約2cmローダウンが簡単装着できるシートなんです。

その純正ゲルローダウンシートが入荷しましたので、今日早速装着してまたがってみました。

標準装備ノーマルシートと純正オプションゲルローダウンシートにて写真を撮影してみましたので、Before(左)→After(右)にてその差を見比べてみてください。

lowseat_chie_foot

lowseat


これで足つき性を気にしているお客様にもオススメできるポイントが増えました☆

ストラダーレ800のご購入をご検討の方は㈱パドックにてご試乗ください。
尚、お手数をおかけいたしますがご来店前に試乗ご予約のお電話0868-28-3191までお願い致します。

2016年モデルのF4も来月入荷予定です☆




このページのトップヘ