パドック通信

カテゴリ: ロイヤルエンフィールド

 GENERAL CATALOUE 2019
ロイヤルエンフイールドカタログ 入荷いたしました・
 ETC

 NEWモデル コンチネンタルGT650も掲載され
よりわかりやすく 見ごたえのある内容です

Paddock各店でお渡しいたします。
スタッフまでお声かけください。

ロイヤルエンフィールド ヒマラヤン、当店にての第1号納車が先週末ありました☆
大型免許を取得して初めてのバイクに「Himalayan」をセレクトしていただいたU様(写真左側)。
通常ですと注文後に本国への注文をしてのお取り寄せ車両となるため、数ヶ月お時間をいただくモデルなのですが、運よく国内に在庫が1台だけあり、春になる前の2月に納車させていただくことができました!
週間天気予報がコロコロと変わっていたので、納車予定日の天候を心配していたのですが、春の陽気を感じる暖かい週末になり、納車&慣らし運転をしながら帰路に着いていただくには絶好の日和でした。U様は晴れ男?!かもしれませんね☆


h

毎年4月の第一日曜日はRoyal Enfieldの「ONE RIDE」です。
ロイヤルエンフィールドオーナーの皆様に、ぜひエンフィールドに乗って出かけてください、と本国が提唱しているRide Dayです。
2019年4月7日(日:11時~15時)にロイヤルエンフィールドに乗って当店にご来店いただいたオーナー様には心ばかりですが、紅茶とお菓子をご用意させていただいております☆ ぜひ、お立ち寄りください。

http://www.royalenfield.co.jp/motorcycle-euro4/himalayaneuro4/
https://www.royalenfield.com/in/en/home/motorcycles/himalayan/

 パドックでは、ロイヤルエンフィールド・クラシックに装着できる、
アルミ削り出しアジャスタブル仕様の
ブレーキレバーとクラッチレバーのセットを販売しております。

レバーの形状、色、アジャスターの種類など、
お好みで多彩な組み合わせが可能な、
UーKANAYAの製品です。
image03
image02
(ちなみに写真のレバーは、ツーリングタイプのシルバー、アジャスターはチタンカラーです)

お値段は左右セットで10800円~13000円
(税別、レバー形状でお値段が変わります)とリーズナブル!

もちろん造りはとてもしっかりしていて、万が一の転倒でも、補修部品の供給も万全です。

ご注文時には、こちらの組み合わせから、
①レバータイプ、②レバーの色、③アジャスターの色をお知らせ下さい。
(左右のレバーの色と形状は同じ組み合わせでのご注文となります。
また、左右レバーセットでの販売のみとなります。) 

(注意!)このレバーセットはUーKANAYA(内商会)の製品ですが、
正規ラインナップにはございませんので、
内商会様にお問い合わせしてもお答え、販売いたしておりません。
(株)パドックまでお問い合わせ下さい。
image
ぐっと使いやすく!お洒落に乗りこなしましょう!

好評!快適改良計画第3弾です。
 今回は、カフェレーサー・コンチネンタルGTです!
前回のブリーザーの改良に加えて、吸気系に手を加えてみます。
右サイドカバーをはずすと、エアボックスの吸気口がありますが、
最高回転数とノーマル排気系とのバランスを考えると、
ちょっと大き過ぎる気がします。
 そこで、吸気口を写真のようにプラ板などで1/4~1/3ほどふさいでみます。
2015092710100000
エアボックスの容量を増やす意味もあるので、このようにボックス側に板をつけます。
 すると、1500~4500回転でトルクが出て気持ち良い加速感が得られるようになりました。

 ふさぐ面積を色々試して、自分の気持ち良く走れるところを探して見てください。

 あと、GT500はブローバイホースの取り回しを写真のように変えると良いでしょう。
2015092710100001

エアボックス側の元の差し込み口は、適当なキャップをしてふさいでくださいね。

 好評!ロイヤルエンフィールド快適改良第2弾です。
 さて、前回のブログにて振動を減らす改良を紹介いたしましたが、
今回はエンジンの振動を少し減らしてスムーズなふけ上がりを体感できる作業です。
 最近良く目にする「内圧コントロールバルブ」という製品がありますが、
もちろんロイヤルエンフィールドにもバッチリ効きます!
…が、高価なバルブを付ける前にこんな作業はいかがでしょうか?

2015091914060000
まず、ブローバイホースのエンジン側挿し込み口に注目してみました。
今までの経験からすると、この排気量の単気筒エンジンにしては挿し込み口の穴径が小さすぎると感じたので穴径を大きくする加工をします。(写真は加工後)
…たったこれだけで、適度な鼓動を残しつつ、スムーズなふけ上がりと穏やかなエンブレに変わります!
 施工したオーナーさんからは、「内圧コントロールバルブを買おうと思っていたけど、
この加工だけで充分!」と言われました。
 こちらもパドックの試乗車にて体験頂けますし、
その場でご自分のロイヤルエンフィールドに取り付けてのお試し試乗もできますので、
どしどしお越し下さいませ!
(…ちなみに作業料金は1800円(税別)となっております。)

このページのトップヘ