パドック通信

カテゴリ: アグスタ

AGSTA F3
〇AGSTA F3〇
ひとめ惚れされてから納車までのあいだお待たせいたしました
イタリアンレッドのタンクバッグもトータルでコーディネートされました

これからも大好きなMVアグスタ F4-750に乗り続けて行きたいと今回の車検と一緒に数箇所の重整備を受けてくださったT様。
agusta2

慣らし運転が必要なのでゆっくりのんびりと帰ります、と笑顔で帰路につかれました。素敵なバイクなので、ぜひこれからも乗り続けてくださいね!

agusuta

3月17日のMVアグスタ試乗会に向けて、準備も進めております。当日、いいお天気になりますように!



歴代アメリカから受け継がれた最強のアメリカが2019年2月に誕生!

AGUSTAの中でも極めて特別な位置を占めているアメリカの名は、
1975年に発表された「Sアメリカ750」

そこから25年以上の時を経て、マッシモ・タンブリーニが設計した初代ブルターレに冠された
2012年に発表されたブルターレ
アメリカ

そして、昨年発表された初代3気筒ブルターレ
アメリカ

そして今回のモデル
は、世界限定200台の限定モデルです!
icatch_amerika2019

メーカー希望小売価格(消費税込・諸経費別):¥2,473,200
発売予定日:2019年2月
※世界限定200台
※掲載画像はイタリア本国仕様であり、日本仕様とは異なる場合がございます

imp1

2018年􏰀デルより完全な再設 計が施され、フロントエ ンドは極めてコンパクトに!

エンジンはブルターレ800 RRから派生し、Euro 4規格に適合

アップ&ダウンEAS 2.0オートシフター、調節可能なトラクションコントロールや、
カスタ􏰂 イズ可能なエンジン􏰂ップを含む豊富なエレクトロニクスパッケージなどを採用
 !

詳細なお問い合わせはお気軽にパドックまで!
お待ちしています☆

 


DRAGSTER800_RR_AMERICA_2019
 


新型「DRAGSTER 800RR」の発売を記念して、全国で試乗キャンペーン「OPEN DAY」を9/29(土)~10/21(日)まで開催されています。そしてパドックでは10月13日&14日に新型のドラッグスター800RRにご試乗いただけます!

D800RR_OPEN-DAY_201808


新型 DRAGSTER800RR
3シリンダー 12バルブ “DOHC”ラジアルバルブ 798cc EURO4
メーカー希望小売価格(消費税込):2,397,600円(2018年9月発売)

brutale_800_dragster_rr_g08



旧タイプ 
DRAGSTER800RR
3シリンダー 12バルブ “DOHC”ラジアルバルブ 798cc EURO4
メーカー希望小売価格(消費税込):2,241,000円

800rr


試乗された方全員にMV AGUSTAネックストラップを差し上げる他、抽選で20名様にMV AGUSTAアパレルが当たるオープン懸賞も用意しております。是非、MVアグスタのドラッグスター800RRにご試乗ください☆ スタッフ一同ご来店お待ちいたしております。

7月中旬~下旬のMV AGUSTAサーキット走行会。通年なら梅雨が明けていないので、雨が降らないかどうか心配ですね~、とお客様と話をしている所ですが、今年は梅雨明けが早く雨の心配はまったくないコンディションで走行会が開催されることになりました。

当日、到着しまずは何よりも先にピットを確保。

1


受付とサーキット走行前の車検を済ませます。
8


6

ブリーフィングとモータージャーナリスト和歌山からの座学ポイントレッスンを終え、皆さんレーシングスーツに着替えます。

4

そして・・・皆さん準備万端です!

9

人生で初めてのサーキット走行のY様と2年ぶり参加のS様、そして皆勤賞のY様

5

暑くて待ち時間でも体力を消耗しますが、皆さん一旦サーキットに入るとイキイキされておりました☆

3

今回の記念撮影は、熱中症対策として、サーキット走行終了後ではなく、開始前に撮影させていただきました。こんな感じで記念撮影をすることは稀だと思うので、ある意味貴重なショットかもしれません☆

2

あまりの暑さに動画撮影時間が前回より少なくなってしまいましたが、ちゃんと撮影できているコーナーもありますので、当店から参加いただきました皆様でデーターが欲しいという方は16GBのメモリステックをお持ち下さい。

さて、今回初めてMVアグスタのサーキット走行会に参加していただいたS様は、「今まで参加したサーキット総走行会で一番走りやすくて楽しかったです」とのコメントを寄せてくださいました。ありがとうございます!

熱中症が心配されるコンディションではありましたが、参加者の皆様個人個人がしっかりと熱中症対策をお考えいただいていたこと(無理をしないという選択も含めて)と会場で積極的に水分補給ドリンクを配られていた運営サイドの皆様のおかげもあり、無事走行会を終えることができ本当によかったと思っております。多分、2019年も7月に開催されると思いますので、今回都合で参加を見送られた皆様も是非来年はご参加をご検討下さい。

このページのトップヘ