パドック通信

2015年09月

 好評!ロイヤルエンフィールド快適改良第2弾です。
 さて、前回のブログにて振動を減らす改良を紹介いたしましたが、
今回はエンジンの振動を少し減らしてスムーズなふけ上がりを体感できる作業です。
 最近良く目にする「内圧コントロールバルブ」という製品がありますが、
もちろんロイヤルエンフィールドにもバッチリ効きます!
…が、高価なバルブを付ける前にこんな作業はいかがでしょうか?

2015091914060000
まず、ブローバイホースのエンジン側挿し込み口に注目してみました。
今までの経験からすると、この排気量の単気筒エンジンにしては挿し込み口の穴径が小さすぎると感じたので穴径を大きくする加工をします。(写真は加工後)
…たったこれだけで、適度な鼓動を残しつつ、スムーズなふけ上がりと穏やかなエンブレに変わります!
 施工したオーナーさんからは、「内圧コントロールバルブを買おうと思っていたけど、
この加工だけで充分!」と言われました。
 こちらもパドックの試乗車にて体験頂けますし、
その場でご自分のロイヤルエンフィールドに取り付けてのお試し試乗もできますので、
どしどしお越し下さいませ!
(…ちなみに作業料金は1800円(税別)となっております。)

 やっと涼しくなり、バイクにとってもライダーにとっても走りやすい季節になってきましたね。
 さて、パドックで扱っている「ロイヤルエンフィールド」。
ある意味、新車で手に入るバイクでこれほど趣味性の高いものは無いのでは?
といえる存在で、実際にオーナーとなったお客様達は
皆さんいつもニコニコ
バイクライフを楽しんでいらっしゃいます。

 そんなエンフィールドオーナーさんに、ちょっとした改良で大きな快適性をもたらす
作業の御案内をしたい
と思います。
 ロイヤルエンフィールドのクラシック500シリーズですが、
本来一番楽しめるはずの50~70キロくらいの速度域で、
足の裏が痒くなる、あの独特のステップの振動が気になるオーナーさんは多いと思います。
パドックの試乗車でもなんとかならないものかといろいろテストをしていたのですが、
なかなか良い改良ポイントを見つけることが出来ました!

image

 写真のように左右のステップ下部をつなぐボルト部分に、
パイプ状のカラーを入れて結合剛性を上げることにより、
ステップの振動をとっても小さくすることができました!

更にたったこれだけの結合剛性のアップで、
直進安定性も確実に上がるという結果も得られました。
(
ロイヤルエンフィールド総代理店のウイングフットさんにも効果を体感していただきました!)

 ロイヤルエンフィールドは個体差が大きい部類のオートバイですの
効果の大小はあると思いますが、
気になるオーナーさんはぜひ一度試乗に来てみて下さいね。
(ご試乗に来られる前にお電話いただけますと嬉しいです)

 ちなみに4000円(税別)で作業受付けしております。
カラーの寸法は車両個体差でバラバラなので、
各車両現物合わせで製作いたします。


皆様、中国四国地区でどこよりも早く今日からヒョウドウプロダクツ(HYOD PRODUCTS)さんの2015年秋冬ウェアの先行予約会をパドックで今日から3日間開催します!

暖かくてお洒落なウェアが今回もデリバリーされますよ☆

HYOD 2015年秋冬ウェア

レザージャケットはもちろん☆☆☆ レザーパンツも☆

HYODレザーパンツ


そしてレザーより軽さと暖かさを求められる方にはテキスタイルジャケットを☆☆☆

ヒョウドウ2015年秋冬ウェア


その他にカジュアルパンツやグローブなどもご覧いただけます!

人気モデルは店頭発売になる前に先行予約で完売になるモデル(色・サイズ)がありますので、今年の秋冬こそは!と思われていらっしゃる方は是非この機会にご予約ください。

ウェアは実際に店頭にてサンプルをご試着いただくことも可能です。

この週末は、パドックまで遊びにいらしてくださいね!お待ちいたしております。




このページのトップヘ