アグスタの電制スロットル(3気筒、4気筒とも)のグリップゴムが、
使っているうちにツルツルになってきたり、
新品でもグローブとの相性で滑りやすかったり、というご相談を受けます。

ご自分で、社外品のグリップゴムに交換されているかたもいらっしゃいますが
、やはり「MV」の文字が入ったせっかくの専用デザインにこだわりたい!
というお客様のために、パドックでは

2010年モデル(スロットルワイヤー式)の
グリップゴムをオススメしています。
20170830_180634

写真でゴムの質の違いがわかるでしょうか?(写真1)
左が電制式、右がワイヤー式のもの。ワイヤー式の方が柔らかくてシットリとした、吸い付くようなタッチです。

20170830_180818

(写真2)つぶれ具合で固さの違いがわかるでしょうか?
グリップゴムの固さは個人の好みもありますが、走行中の手のしびれ具合もだいぶ変わってきますのでツーリング派にもオススメです。

部品としては左右セットでの品番設定になり、税別7700円です。
(ちなみに電制スロットルのグリップゴムは部品設定がなく、電制スロットルアッセンブリとなりとても高価です!)
グリップゴムはパドックにございますので、興味のあるかたは触り比べてみて下さいね。

お問い合わせはパドック吉川まで!