好評!快適改良計画第3弾です。
 今回は、カフェレーサー・コンチネンタルGTです!
前回のブリーザーの改良に加えて、吸気系に手を加えてみます。
右サイドカバーをはずすと、エアボックスの吸気口がありますが、
最高回転数とノーマル排気系とのバランスを考えると、
ちょっと大き過ぎる気がします。
 そこで、吸気口を写真のようにプラ板などで1/4~1/3ほどふさいでみます。
2015092710100000
エアボックスの容量を増やす意味もあるので、このようにボックス側に板をつけます。
 すると、1500~4500回転でトルクが出て気持ち良い加速感が得られるようになりました。

 ふさぐ面積を色々試して、自分の気持ち良く走れるところを探して見てください。

 あと、GT500はブローバイホースの取り回しを写真のように変えると良いでしょう。
2015092710100001

エアボックス側の元の差し込み口は、適当なキャップをしてふさいでくださいね。